So-net無料ブログ作成
検索選択

京浜東北線が、川崎駅付近で脱線 なぜ? 原因は?理由は?

京浜東北線が、川崎駅付近で脱線 なぜ? 原因は?理由は?

■無残にも脱線した京浜東北線
BhF543YCEAAU_PF.jpg


2/23の深夜1時11分ごろ、

JR川崎駅付近で走行中の京浜東北線の上り回送電車(10両)が

工事用車両と衝突し、京浜東北線が脱線し、大破しました。

この事故で、先頭の2両が脱線し、1両目は横転、

2両目も傾いています。


なお、運転士と車掌は、けがしているが命に別状はない模様。。


まさかの脱線事故。回送電車だったから、まだ良かったものの

これが運行中の電車だったら、

死者が出ていてもおかしくなかったですね。

不幸中の幸いとは、まさにこのことです。

しかし、腑に落ちない点がひとつ。。

なぜ、脱線したのか。理由や原因について、謎な部分が多いです。

以前、確定情報が出ていませんが、

速報として以下の記載を見つけましたので、まとめてみました。。


■脱線事故の理由と原因
【ケト脱線まとめ】

当該は回2402Aレ、ウラ177の前2両

横浜駅において事故が発生し、ダイヤが乱れていた

保線用車両が作業始める
(終電時間を過ぎたので電車は来ない前提で工事車両入線)

回送が来る
(工事車両はATC対象外だし、軌道短絡もしない)

保線用車両と衝突

脱線・転覆

ウテシ挟まってる←今ここ

どうやら、保線用車両がチョンボした可能性がありますね。。

----- 追記 ----------------------------------------------------
詳しい情報が入りました。

川崎署によると、

回送電車が通過したと工事用車両が勘違いし、

線路に入ったところ、川崎駅を発車した直後の電車と衝突したという。。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 最新のホットなニュースをお届けします! All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。