So-net無料ブログ作成
検索選択

PS4の互換性について(PS3、PS2、PS、トルネ、PSP、DVD/BD)

PS4の互換性について(PS3、PS2、PS、トルネ、PSP、DVD/BD)


■お店のはりがみ
BhEowJ4CYAAy1k2.jpg


PS4の互換性のひどさが話題になっています。
それを象徴してか、PS4の在庫あまりが発生していますね。。

別件ですが、転売ヤーの方々は予想がはずれ困っている様子・・(汗

PS3のときは、在庫が切れてしまい本体の入手が困難になっていました。

巷では、PSと名前は付いているがまったくの別物と言われています。。


そもそも、互換性を抜きにしてやっていけるんでしょうか。

それほどまでに、PS4の性能を出したいのでしょうか。

例えるなら、

ファミコンスーパーファミコンになった時と同じなんですかね。。


しかし、それは昔の話。。今は、互換性が非常に大事なことはソニー

一番分かっていると思うのですが。。


そこで、今回はPS4の互換性について(PS3、PS2、PS、トルネ、PSP)について、

まとめてみました。


■まとめ
・PS4の互換性について(PS3)
 PS3は、出来ません。。


・PS4の互換性について(PS2)
 PS2は、出来ません。。


・PS4の互換性について(PS)
 PSは、出来ません。。


・PS4の互換性について(トルネ)
 トルネは出来ません。。


・PS4の互換性について(PSP)
 PSPは出来ません。。


・PS4の互換性について(DVD/BD)
インターネット接続し、機器認証を行わなければ行けません。。


これだけ、互換性がないのもびっくり&残念ですが、

それを補いかつそれ以上の魅力がないとPS4は没落しそうですね。。


社の命運を掛けて作成したPS4ですが、既存のPSユーザを取り込むことは

出来るのでしょうか。。

ネット上の反応をみてみましょう!
ネット上の反応まとめ(抜粋) ------------------------------------
・以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
しかもPSとPS2の互換も無いらしいなwwww
ダメだろこれ

・以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
なにをいまさら

・以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
新型機種買うのに旧機種の互換欲しがる意味が分からん

・以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
これからはDL販売がメインとなるので円盤はこの世から消える

・以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
円盤もう発売しなくていいだろ。。ゴミが増えるだけ

・以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
あのさ
もし互換性つけるとしたらその分コストアップするし
不具合も起きるかもしれないだろ
PS4はPS4なんだからPS4のソフトだけできればいいんだよ
互換性とかいってるやつどうせPS4のソフトそんな買わないだろ

・以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
PS3発売前
互換厨「PS2互換しろ!!PS2互換しろ!!!!」

SCE「よし構造的に苦しいがなんとか載せよう!!!」

PS3発売後
互換厨「無理お年玉じゃ買えん、高い」

SCE「元々無理なものをなんとか作ったのに誰も買わないよお……大赤字だ」

PS4発売前
互換厨「互換しろ!!互換しろ!!」

SCE「おまえら声でかいだけで買わねーだろ」

互換厨「」

------------------------------------------------------------

全体的にPS4の肯定派が多い気がします。。


ちなみに僕の場合ですが、PSVITA出たときにPSPと互換性ないといわれたので

購入しませんでした。。

もし互換性があったら、買ってましたね。。

PSPとPSVITAの2台持ち歩くのイヤですし。。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
Copyright © 最新のホットなニュースをお届けします! All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。