So-net無料ブログ作成
検索選択

アルコール依存症の症状と認知症!!

アルコール依存症の症状と認知症!!

index.jpg


現在日本での飲酒人口は、

総人口の約半数の6000万人にのぼり、

更にその中でアルコール依存症の患者は、約230万人とも言われています。

アルコールで、人生を狂わす人が予想以上に多いですね・・。





スポンサーリンク --------------------------------

---------------------------------------




アルコール依存症とは


アルコール依存症とは、覚せい剤、タバコに含まれるニコチン、またはカフェイン中毒などと

同様の薬物依存症の一種です。

飲酒をすることにより、高揚感を得られたりストレスを発散できることから、

最初は少しの量から始まります。

そして、少しずつ飲酒の量が増え、いつのまにか毎日の飲酒習慣につながっていきます。

そうなると、体の中にお酒に対する耐性ができ、

今まで少量で得られていた快感が同じ量を飲んでも変化がなく、


徐々にお酒の量が増えていってしまいます。

その状態になると、最初は気持ちよく飲んでいたお酒が、毎日飲み続けないと禁断症状となって現れ、

もはや自分ではコントロールがきかなくなってしまうのです。

その結果、お酒に生活費の全てをつぎ込むようになるなど、

家族や周りの人達に迷惑をかけてしまう人もいます。。

最悪の場合、身内から疎まれ肩身が狭いまま、亡くなる方もいるみたいですよ。

その場合、借金している場合が大半ですから、葬式代に借金と

最悪ですね。。



スポンサーリンク --------------------------------

---------------------------------------




アルコール依存症の症状は


そして、アルコールの影響は体にも表れます。

血圧が上がったり、動機がしたり、吐き気や嘔吐、または手の震えやけいれんなども見られます。

内蔵への影響も大きく、心臓疾患である心筋症や胃炎、特に肝臓への負担は大きく、

肝炎から始まり肝硬変、ひどくなると肝臓がんへ移行してしまいます。

アルコールは薬物の一種ですから、精神的な影響もあり、特にお酒が切れた時に起きる禁断症状の時は、

うつ状態になったり怒りを感じたりと、

自分でも感情のコントロールが難しくなります。





スポンサーリンク --------------------------------

---------------------------------------




アルコール依存症で認知症?


またアルコールは、脳への影響もあります。

特に、痴呆症と言われるものは脳の萎縮が原因で起こりますが、

アルコールを大量に摂取した人の中で高い割合で、脳が萎縮していたというデータもあります。

それは、長い間の大量の飲酒による栄養障害や血管へのダメージが原因と考えられています。

この症状は、禁酒をすることにより脳の萎縮を止めることができるそうです。

しかし、脳が萎縮するほどの飲酒生活を一から改めるのは本当に大変なことです。

くれぐれもお酒は気持ち良くなるくらいの「たしなむ」程度にしておきたいものですね。






Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 最新のホットなニュースをお届けします! All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。